藤田俊哉が語る盟友。「名波の長期政権はジュビロにとっていいこと」

 藤田俊哉がオランダに渡ってVVVフェンロのコーチに就任したのは3年前、2014年夏のことだ。その間、Jリーグでは名パートナーだった名波浩が古巣・ジュビロ磐田の監督に就任。藤田と同じく指導者へと転身して3年の月日が経過した。活躍の場は違えど、一流のプレーヤーから一流の指導者への道を歩んでいる盟友の活躍を、藤田はどのように見ているのだろうか。一時帰国中の藤田が"指導者・名波"について語った。

――藤田俊哉さんの古巣でもあるジュビロ磐田に、名波浩監督が就任してから3年目のシーズンを迎えます。

藤田俊哉(以下、藤田)今年は名波にとって"勝負の年"になるだろうね。そのことは、本人も周りも認識していると思うよ。プレッシャーはかかると思うけれど、つねに彼はプレッシャーがかかる場面を乗り越えてきた。だから、今回もやってくれると思っている。2014年9月にシャムスカ監督の解任を経て、名波ジュビロが誕生した時はワクワクしたよね。いよいよ満を持して登場したかって。元々、名波はジュビロの監督になることを熱望していた男だから、彼は自分の仕事をやり切るだろうね。勝負のシーズンを乗り切って、長期政権に入るのはジュビロにとってもいいことだと思うよ。

――今年が名波監督にとって勝負のシーズンだと言われる理由はなんでしょうか。

藤田 2014年の途中にチームを指揮するようになって、実質1年目の2015年にJ1昇格を果たして、去年はJ1残留することができたわけだから、3年目の今年はJ1で結果を残していく。それが自然の流れじゃない? ノルマとして、もっと上の順位を目指さないといけない。

この記事の続きを読む

1