「浅田真央さんのおかげ」と感謝の三原舞依。来季は大胆なイメチェンか?

 平昌五輪プレシーズンが世界選手権で終わるのを待つかのように、現役引退を発表した浅田真央。だがそのDNAは、日本の女子フィギュアスケーターの間に脈々と受け継がれている。日本の女子勢の活躍があまり目立たなかった今シーズン、予想以上の成長を見せたのが、シニアデビューを果たした17歳の三原舞依だ。

 初出場の世界選手権には、負傷欠場した日本のエース、宮原知子の穴をしっかりと埋める意気込みで臨んだ。だがその重圧に、「考えすぎてしまった」というショートプログラム(SP)では、一番得意とする3回転フリップでミスを出して得点を伸ばせず、15位に沈んだ。その日は悔し涙がなかなか止まらなかったという。

 だが三原は諦めなかった。中野園子コーチの叱咤激励に奮起すると、フリーでは完璧に『シンデレラ』を演じ切り、自己ベストを更新する138.29点をマーク。何と10人抜きの総合5位に浮上してみせた。
 
「この大舞台に出させていただくことがすごく幸せなんだと、SP後に改めて考え直すことができました。SPの失敗があったからこそのフリーだと思って、気持ちを切り替えることができたのが一番の収穫です。フリーでは、今季一番の滑りを見せることができたのでうれしかったです。

この記事の続きを読む

1