6試合わずか1点。すべて悪循環の大宮アルディージャが本当にヤバい

 大宮アルディージャが連敗地獄から抜け出せない。

 4月8日に行なわれたJ1第6節。開幕戦から5連敗で最下位に沈む大宮は、首位を走るヴィッセル神戸に0−2で敗れた。開幕以来続く両者の好不調がそのまま色濃く表れた結果、大宮は泥沼の6連敗となった。

 昨季セカンドステージ最終節からの通算では7連敗。クラブワースト記録の8連敗に"王手"がかかってしまっている。

「私自身、責任を感じている。申し訳ないのひと言」

 大宮の渋谷洋樹監督は試合後、落胆の色をにじませながら、そう口にした。

 大宮は、2014年シーズンのJ1で16位に終わり、J2降格の憂き目を見た。だが、そのとき――いわば、大宮にとってJ1での過去最悪のシーズン――でさえ、4連敗が最長。同じシーズンで10試合連続未勝利という事態にも陥っているが、その間の成績が4連敗を含む6敗4分けだったことを考えれば、6連敗という数字が、いかに深刻なものであるかの想像がつく。

 6敗目を喫した神戸との試合でも、大宮の元気のなさは明らかだった。

この記事の続きを読む

1