スーパーGT開幕戦はレクサス同士の激戦に。どうした? ホンダ、日産

 2017年のスーパーGT開幕戦が4月8日〜9日に岡山国際サーキットで行なわれた。GT500クラスはレギュレーション変更に伴い、レクサス、日産、ホンダの3メーカーが新マシンを導入。その真の実力が明らかになる1戦ということで例年以上に注目が集まったが、結果的にはシーズン前の予想どおりレクサスLC500勢による独壇場の展開となった。

 8日に行なわれた公式予選では、途中から雨も降り出すなど突発的なアクシデントが続発。そんな波乱のなかでホンダ陣営の一角、ナンバー8のARTA NSX-GT(野尻智紀/小林崇志)がポールポジションを獲得した。しかし、いざ9日の決勝レースが始まると、8号車をはじめNSX-GTのマシンに次々とトラブルが発生する事態に。レース序盤のわずか6周で4台のNSX-GTマシンがストップした。

 実は前日の予選でMOTUL MUGEN NSX-GTも同じ症状でストップしており、ホンダの佐伯昌浩プロジェクトリーダーによると、原因はすべて同じ電気部品とのこと。2014年〜2016年まで参戦していたNSX CONCEPT-GTのころから使用してきた部品で、今まで一度も壊れたことはなかったが、今回はほぼ同じタイミングで壊れてしまったという。

 一方、シーズン前のテスト時から苦戦を強いられていた日産勢はどうだったか。公式予選では4台全車がトップ8圏内に入れずQ1で脱落。決勝でもレクサスのペースについていくことができなかった。結果、4台ともトップから大きく離されての下位フィニッシュで開幕戦を終えた。

この記事の続きを読む

1