浅田真央、笑顔の引退記者会見。「自分らしさ」を貫いたスケート人生

 ブログでの引退発表から2日後の4月12日、浅田真央が東京都内のホテルで記者会見を開き、リンクを去る意向をあらためて表明した。2010年のバンクーバー五輪で銀メダルを獲得するなど、長らく日本の女子フィギュアスケート界をけん引してきた「真央ちゃん」の想いを聞くために、会場には約430人もの報道陣が詰めかけた。

 白のジャケットに黒のスカート姿で登壇した浅田に一斉にフラッシュがたかれる中、冒頭の挨拶で「私、浅田真央は選手生活を終える決断をいたしました。たくさん山がありましたが、乗り越えられたのは、支えてくださった方やたくさんのファンの方々の応援があったからです」と感謝の気持ちを伝えた。

 5歳で競技を始めてから21年。激動のスケート人生の中で最も印象に残っている演技として、2014年ソチ五輪のフリーを挙げた。SPで16位と大きく出遅れ、「『日本に帰れない』と思うほど、それまでの試合以上に気持ちが落ち込んだ」状態から、計8度の3回転ジャンプを着氷する滑りを披露し、日本だけでなく世界中に感動をもたらした。

「フリー当日の朝もまだ気持ちが切り替えられず、『このままで大丈夫なのかな』と思いながら公式練習を終えました。でも、試合が近づくにつれて、メイクをして、アップをして、リンクのドアを出た瞬間に、ようやく『やるしかない』という気持ちになって、あれだけの挽回の演技ができた。それをオリンピックという舞台でできたのが、一番よかったと思います」

この記事の続きを読む

1