「逆境で笑う」SC軽井沢は、カーリング初の五輪メダルを本気で狙う

 4月1日から9日まで、カナダ・エドモントンで開催された男子カーリングの世界選手権『Ford World Men's Curling Championship 2017』。来年の平昌五輪の出場権もかかった世界最高峰の大会に、2月の日本選手権を制したSC軽井沢クラブが日本代表として出場した。

 SC軽井沢は、総当りの予選リーグとなるラウンドロビンで5勝6敗。参加12カ国中7位という結果に終わり、上位4チームで行なわれるプレーオフ進出はならなかった。それでも、チームが「最低限のタスク」と位置づけていた、前回大会4位という成績と合わせて得られる(※)五輪切符を獲得した。日本の男子カーリングとしては、1998年長野五輪以来20年ぶり、自国開催以外では初めての五輪出場となる。
※平昌五輪の出場権は、五輪から直近の世界選手権2大会の結果に応じて振り分けられる「オリンピックポイント」で争われた。SC軽井沢は昨年のバーゼル(スイス)大会で4位となって9ポイント、今回のエドモントン大会で7位となって6ポイント、合計15ポイントを獲得。カナダ(28ポイント)、スウェーデンとアメリカ(19ポイント)に次ぐ4位で五輪切符を手にした。

 20年前の長野五輪を観戦後にカーリングを始めたスキップの両角友佑(もろずみ・ゆうすけ)は、夢の舞台に到達したことについて聞かれると、「もちろん、うれしいけれど......」と前置きし、今大会で思うような結果を残せなかったこともあって、こう複雑な心境を漏らした。

「(今回の世界選手権では)もっと上(の順位)を目指していたので、今は悔しさのほうが強いかもしれない。あとで(五輪出場のうれしさを)実感するんですかね......」

この記事の続きを読む

1