7季ぶりJ復帰の細貝萌が語る。「実は日本人監督、初めてなんです」

 細貝萌が柏レイソルに加入し、7シーズンぶりのJリーグ復帰を果たした。すでに4月1日にはアウェーの広島戦、後半41分から途中出場、チームの4戦ぶりの勝利に貢献している。

 細貝にとって2016〜17シーズンは厳しいものとなった。新加入したシュツットガルトでは流れに乗り切れなかった印象が強い。

 前シーズンに所属したトルコのブルサスポルから契約延長のオファーを受けながら、ドイツ2部でのプレーを選択。初めてドイツでプレーしたアウクスブルクの当時の指揮官、ヨス・ルフカイと再びタッグを組むことで、自然と期待は高まった。

 出場機会は与えられたが、細貝は第2節、相手選手との接触により左太ももを負傷。細貝が離脱している間に指揮官は電撃的に監督を辞任してしまう。その後、ハネス・ヴォルフ新監督のもとで5試合連続フル出場を果たすが、今度は練習中に右足小指を骨折。2度目の離脱期間中にチームは調子を取り戻し、その立場は厳しくなっていった。そんな現実をふまえての移籍だった。

この記事の続きを読む

1