6カ国が激戦。羽生、宇野が揃う日本は世界国別対抗戦で優勝できるか

 シーズンポイント上位6カ国が出場して世界一を決める世界フィギュアスケート国別対抗戦が、4月20日から東京の国立代々木競技場第一体育館で開催される。今回は、日本、アメリカ、カナダ、ロシア、フランス、中国の6カ国が出場する。

 すでに大会出場者が発表され本番ムードが高まってきたこの大会は、男女シングル2名ずつと、ペアとアイスダンス1組ずつが出場し、ショートプログラム(SP)とフリーの順位点の合計で優勝を争う。

 日本代表男子シングルは、先の世界選手権で優勝した羽生結弦と2位の宇野昌磨という最強の布陣だ。また、女子シングルはシニア1年目の10代ふたり。四大陸選手権で初の200点台に乗せ、世界選手権ではフリーで自己最高得点を出して5位となった三原舞依と、「前戦の四大陸選手権惨敗の悔しさを晴らすために練習に集中した」という納得の演技で世界選手権11位の樋口新葉が選ばれた。

 ペアは世界選手権SP17位でフリー進出を逃した須藤澄玲/フランシス ブードロ・オデ組、アイスダンスは世界選手権23位にとどまった村元哉中/クリス・リード組で、ともに世界選手権の雪辱を果たそうとしている。

この記事の続きを読む

1