F1をすっぽかしてインディ500を走るアロンソにパドックの反応は?

 4月13日に突如発表された「フェルナンド・アロンソのインディアナポリス500参戦」という報に接して、あなたはどんな思いを抱いただろうか?

 日本では、アロンソの妙技がインディの大舞台で見られるということにおおむね好意的な声が多かったようだ。アロンソの地元スペインでも、「彼が楽しんで挑戦できるのなら応援したい」と前向きな声が大多数だったという。

 しかし、F1バーレーンGPのパドックでは意見は真っぷたつに分かれた。純粋なレースファンとしてアロンソの挑戦を興味深いものとして応援する声もあったが、F1で勝利を目指して努力するチームメンバーの一員としては決して褒められたことではないという声もあった。

 好意的な声は、純粋にレーシングドライバーとしての挑戦を応援するというものだ。

「僕はドライバーが複数のカテゴリーに参戦できるべきだと思っているし、すばらしいことだと思う。過去にもそうだったわけだしね。とてもクールな挑戦だと思うよ」(ルイス・ハミルトン/メルセデスAMG)

「もちろん大きな驚きだよ。いいことだと思うし、僕は応援するよ。走ったことのないクルマとサーキットで、完全にルーキーだ。僕自身、F1に来るまではF1よりもインディのほうをよく見ていたくらいだったし、僕にとっても夢だったけど、F1に来てからは妻や父、子どもの存在が障壁になってインディ参戦はなくなったけどね」(フェリペ・マッサ/ウイリアムズ)

この記事の続きを読む

1