インディカーで開幕2連勝。急に強くなったホンダは何が変わったのか

 2017年インディカーシリーズ第2戦。伝統あるグランプリ・オブ・ロングビーチは、カリフォルニアの大都市ロサンゼルスから少し南に下った港町で行なわれるストリート・イベントだ。1975年にF5000のレースとして始まり、翌1976年からF1グランプリに変わった。インディカー・レースになったのは1984年から(CART/チャンプカー時代を含む)。今年は通算43回目、インディカーでは34回目の開催となった。

 予選ではエリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー)がポールポジションを獲得。開幕戦のセントピーターズバーグに続いてシボレーが予選最速だったが、3段階ある予選のファイナルに進んだ6人のうち、ほかの5人はホンダ勢のドライバーだった。セントピーターズバーグでは6人のうちの4人がホンダ。今年、ホンダの戦闘力が上がっていることがあらためて証明された形だ。

 昨年のホンダはストリートコースで1度も勝てなかった。しかし、今年は開幕からアドバンテージを持っている。結局、ロングビーチではホンダ勢による優勝争いが繰り広げられ、シボレーは1周もレースをリードすることができなかった。そして、予選4位だったジェームズ・ヒンチクリフ(シュミット・ピーターソン・モータースポーツ)がキャリア5勝目を挙げた。

この記事の続きを読む

1