NBAイーストは下克上の予感。王者レブロンに「悪童」が襲いかかる

NBAプレーオフ2017・ファーストラウンド展望@イースタン編
 ついに開幕した今年のNBAプレーオフ。イースタン・カンファレンスでは戦前予想を覆し、ボストン・セルティックスが昨季の覇者クリーブランド・キャバリアーズを抑えて第1シードを獲得した。波乱の起きそうなファーストラウンド、その見どころは?

■ボストン・セルティックス(1位/53勝29敗)
vs.
■シカゴ・ブルズ(8位/41勝41敗)

 レギュラーシーズン最終戦で勝利を挙げ、イースタンの第1シードを手に入れた名門セルティックス。今季のチームを牽引しているのは、175cmの小兵アイザイア・トーマス(PG)だ。「史上最小身長の得点王」の栄冠は逃したものの、平均28.9得点という数字は立派。アル・ホーフォード(C)やエイブリー・ブラッドリー(SG)など脇を固める面々も充実しており、カンファレンス・ファイナルまで駆け上がる可能性を十分に秘めている。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 しかし、セルティックスへの思わぬギフトに第8シードのブルズは頬を緩めたのではないだろうか。今季のキャブスは調子が下降気味だとはいえ、世界最高のバスケ選手レブロン・ジェームズ(SF)を擁する以上、キャブスとセルティックス、対戦相手を選べるなら後者を選ぶチームが多いはずだ。

この記事の続きを読む

1