シーズンを出遅れたプロスイマー萩野公介。「今の体で戦うだけ」

 4月13日から始まった日本選手権水泳競技大会。初日の男子400m個人メドレーは、昨年のリオデジャネイロ五輪金メダリストの萩野公介と、銅メダリスト・瀬戸大也が最後まで競り合うレースになった。

 結果は、優勝した瀬戸が4分10秒44で、2位の萩野が4分10秒45。萩野は「200m自由形では0秒01差で負けた覚えはあるけど、個人メドレーではないですね。200m(個人メドレー)なら0秒1差というのはありますが、400mだとどちらかが折れてしまうので......」と苦笑する。瀬戸も「0秒01だったら同着でも面白かったけど、公介は手術をしていたからそのハンデもあった。その中でしっかり勝っておかなければ世界選手権3連覇はないなと思っていたので、勝ててよかったです」と笑顔を見せた。

 瀬戸はリオ五輪の後、昨年9月から10月までW杯中東シリーズとアジアシリーズで6連戦、11月にはアジア選手権に出場。12月には世界短水路選手権の400m個人メドレーで3連覇を達成するなど、試合漬けで強化を続けてきた。

この記事の続きを読む

1