遅れてきた大物が登場。音無調教師がダービーを意識したアドミラブル

2017年クラシック候補たち
第9回:アドミラブル

 皐月賞が終わり、いよいよ"競馬の祭典"となるGI日本ダービー(5月28日/東京・芝2400m)へ向けて、競馬界の盛り上がりは日に日に増していく。そんななか、まさに「遅れてきた大物」と呼ぶにふさわしい1頭が、ダービー戦線で急浮上している。

 栗東トレセン(滋賀県)の音無秀孝厩舎に所属する、アドミラブル(牡3歳/父ディープインパクト)である。

「遅れてきた大物」といっても、デビューが遅かったわけではない。同馬は、昨年9月に初戦を迎えていた。しかし、先頭から2秒2も離された9着に惨敗した。

 思わぬ大敗を喫してレース後に同馬の状態を調べたところ、負けた理由が明らかになった。「ノド鳴り(※)」だったのである。
※「喘鳴症(ぜんめいしょう)」というサラブレッドの疾病。喉頭口が狭くなるために呼吸が苦しくなり、競走馬としては能力を発揮できなくなる。呼吸の際、大きな音を発することから「ノド鳴り」と呼ばれる。

 陣営は、すぐに手術に踏み切った。そして、それが見事に功を奏した。

 今年3月に復帰すると、仕切り直しの一戦となった3歳未勝利(3月5日/阪神・芝1800m)で完勝。ハイペースのなか、1分45秒8の好タイムをマークした。その時計は、なんと当日に行なわれた同条件の古馬オープン戦、大阪城Sより1秒3も速かったのである。

この記事の続きを読む

1