吉田沙保里のガチンコ合宿メニューに、女子柔道ホープもヘトヘト?

 4月10日、味の素ナショナルトレーニングセンターにて女子レスリングと女子柔道の合同合宿がスタートした。

 男子レスリングと男子柔道の合同合宿はこれまで何度も行なわれてきたが、女子は2012年以来5年ぶり。前回はロンドン五輪イヤーの元日に、両競技が刺激し合い、オリンピック本番での活躍につなげることを目的とした、いわば「正月イベント」だった。

 だが今回は、全日本柔道連盟の増地克之女子代表監督から「リオ五輪で逆転の連続で金メダルを量産した女子レスリングの『最後まであきらめない精神力』と『フィジカルの強さ』を学びたい」と申し出があったという。それをレスリング側が受けて実現した、スパーリングもありの、まさに「ガチンコ」だ。

 合宿初日は、柔道選手もレスリング選手から提供されたシューズを履いてマットに上がり、レスリングコーチが指導する練習を体験した。

 メニューはまず、マットが6面敷かれたレスリング場のランニングからスタート。次に柔軟体操、基礎トレーニングと続き、その後にスパーリングを行なった。そして最後は、女子レスリングでは名物となった「ふたりおんぶ」や「ふたり抱っこ」のほか、マットに背中をつけて身体を曲げ伸ばしながら前進する「ダンス腹筋」、全員が手をつないで輪になってのスクワット、さらに天井からぶら下がった綱を掴んで腕だけで身体を引っ張り上げる「綱上り」など。レスリング選手にとってはお馴染みの補強トレーニングで締めくくった。

この記事の続きを読む

1