「使ってもらえないかも」。岡崎慎司が語ったアトレティコ戦への危機感

 レスター・シティの岡崎慎司に出番は訪れなかった。

 4月15日に行なわれたクリスタル・パレスとのプレミアリーグ第32節、日本代表FWはベンチスタートを命じられた。試合はレスターが2点を先制するも、同点に追いつかれてドローの結果に終わった(2−2)。前半から断続的にアップを行なっていた岡崎に、最後まで声はかからなかった。

 4月12日にアトレティコ・マドリードとのチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝・第1レグを戦ったレスターは、中2日でこのクリスタル・パレス戦に臨んだ。そして、中2日でCL準々決勝・第2レグの大一番を迎える。普通に考えれば岡崎は温存されたことになるが、日本代表FWの見解は異なるという。試合後、岡崎は胸の内を明かした。

「今日は温存? いや、たぶん普通に(先発から)外れたと思うんですけど。(監督から)何も言われていないので。前回のアトレティコ戦もロングボール攻撃が多かったので、チームとしてもうひとつ策というか、『(何かを)試したかったのでは?』と個人的に思っているんですけど。だから、次の試合は正直どうなるかわからないですね。

 自分としては試合に出たかった。アトレティコ戦も45分で終わっているので、自分だけがちょっとストレスが溜まっている状態で。しかもこの試合でも出ないとなると、やっぱり危機感というか、『え? 使ってもらえないのかも......』という思いがちょっと出てきますけど」

この記事の続きを読む

1