人気女子プロゴルファー9名が語る、今シーズンの目標と手応え

2017年シーズンが開幕して、はや1カ月半。今季もゴルフの女子ツアーは、日本勢と外国勢とが熾烈な争いを見せて、大いに盛り上がっている。5月には、国内メジャー第1弾となるワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ(5月4日〜7日/茨城県)も控え、これからますます熱気を増していくことだろう。そんな中、今季も注目の人気プレーヤーたちに、序盤戦でつかんだ手応えと、この1年に向けての目標を聞いた――。

◆イ・ボミ(28歳/韓国)
2016年=賞金ランク1位(優勝5回)。平均ストローク1位(70.0922)
「今季は、私が3年連続賞金女王になれるかどうか、というところにみなさんの関心があると思いますが、私自身、賞金女王は特に意識していません。

 とにかく一打、一打にベストを尽くすこと。そして、まだ達成できていない平均ストローク60台や、メジャー大会で優勝することが目標です。プロゴルファーとして高い目標を掲げて、もっと成長していきたいです」

この記事の続きを読む

1