世界水泳でワンツーへ。日本のお家芸・男子平泳ぎが超ハイレベル

 今年7月に行なわれる世界水泳選手権(ハンガリー・ブダペスト)の選考大会でもあった日本選手権で、16歳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)が女子では史上初の5冠を獲得した。ほかにも女子では、大学4年の大橋悠依(東洋大)が400m個人メドレーで、昨年のリオデジャネイロ五輪3位に相当する4分31秒42の日本記録を出し、200m個人メドレーでも世界選手権の派遣標準記録を突破する2分09秒96で2冠を達成した。

 また、平泳ぎでも東洋大を卒業したばかりの青木玲緒樹(れおな/ミキハウス)が100mと200mで派遣標準を突破して優勝と、昨年から力を伸ばし始めていた遅咲きの新星が結果を出して世界選手権へと駒を進めるうれしい成果が出た。 

 だが最終日で最も会場が沸いたのは、男子200m平泳ぎ決勝だった。主役のひとりは1月の東京都選手権200mで、2分07秒01の世界記録を塗り替える2分06秒67を出した渡辺一平(早大)だった。リオ五輪の準決勝では2分07秒22の五輪新記録を叩き出し、決勝はセンターレーンで泳いだ実績からすれば、出るべくして出た世界記録だった。その渡辺は世界記録保持者の力を証明するために、この日本選手権でも記録更新を狙っていたのだ。

この記事の続きを読む

1