序盤戦で見えたF1ホンダの悲しすぎる現実。勝負は夏休みまで我慢

「本当に散々な週末でしたし、大変情けない状況です......」

 バーレーンGPの決勝後、ホンダの長谷川祐介F1総責任者はガックリと肩を落としてそう語った。

 開幕前のバルセロナ合同テストから第2戦・中国GPまでの間、これといったトラブルが起きてこなかったRA617Hにトラブルが頻発した。そのすべてがMGU-H(※)のベアリングが焼きつくという問題だった。それによってシーリング(防水)が不完全になり、そこから冷却水が漏れ出した。

※MGU-H=Motor Generator Unit-Heatの略。排気ガスから熱エネルギーを回生する装置。

 金曜フリー走行でストフェル・バンドーン車に2度のトラブルが起き、予選Q2ではフェルナンド・アロンソ車、そして決勝直前にはふたたびバンドーン車に問題が発生。計4基のMGU-Hが、バーレーンの週末だけで壊れたことになる。

 何よりも長谷川を落胆させたのは、その問題の原因がまったくわからない、ということだった。

「こんなに短い走行距離で出ていることもあり、マイレージによるものとも考えにくいですし、4つも出ていますからパーツの個体差によるものということも考えにくい。フェルナンドの個体に関しては、この2戦で1300km近くも走っているものが、ここにきて突然壊れた。これだけ頻発するということは、砂の問題であるとか、どこか特定のコーナーが原因になっているとか、ここバーレーン特有の問題も疑ってはいますが、明確な原因はまだわかっていません」

この記事の続きを読む

1