3代目・山の神もヘロヘロ。「山道最速王決定戦」を箱根5区の前哨戦に

「山道最速王決定戦2017@箱根ターンパイク」は、MAZDAターンパイク箱根を利用し、小田原料金所からMAZDAスカイラウンジまで全13.6km、標高差981m、平均勾配7%の厳しい坂を走り切るタフなレースだ。

 快晴に恵まれたレース当日(3月19日)は気温が上がり、ロードレーススタートの12時10分頃には16度と走るにはちょっと暑いぐらいの気温だった。参加者は約1600名、ゲストランナーには「3代目山の神」こと神野大地(コニカミノルタ)、プロトレイルランナーの鏑木毅(かぶらぎ つよし)、そして順天堂大学、専修大学、城西大学、駿河台大学の陸上部の選手たちが参加した。

 スタート地点は小田原料金所で、さっそく急勾配の坂が歓迎してくれる。

 4km地点までは坂が続くが、そこから少し緩やかになるので、まずはそこまでゆっくりと入ることが重要になる。しかし、みんな逸(はや)る気持ちを抑えきれないのだろう。ランナーたちはややハイペースで登っていく。
 
 もっともランナーたちを苦しめたのは9〜10km付近とラストにある急勾配の坂だった。カーブはあるが、基本的に直線の上り坂なので視覚的なダメージが大きい。とくにゴールまでのラストの坂はたっぷりと乳酸が溜まって足が動かず、心が折れそうになりながら走っているランナーにとって、まさに地獄の上りとなる。

 しかし、ランナーたちは諦めずに足を動かしていく。

この記事の続きを読む

1