まずはサルガド。子供たちの指導に「銀河系軍団」を呼ぶ男は何者か?

 ルイス・フィーゴ、ロベルト・カルロス、アレッサンドロ・デルピエロ、カルレス・プジョル、スティーブン・ジェラード、ロナウジーニョ......。圧倒的な存在感をピッチ上で発揮したかつての名選手たちを、日本に招聘(しょうへい)しようとしている男がいる。

 その男の名は、「株式会社ワカタケ」の代表である稲若健志(37歳)。稲若は親交の深いレアル・マドリードとのパイプを活かし、GWに銀河系軍団の一員として活躍したミチェル・サルガドを神奈川県・海老名市に招いて「レジェンドクリニック」を開催する。

 同クリニックは、5月以降もフィーゴやロベカル、元バルセロナのプジョルらを招いて全5回を予定している。稲若は、そんな「レジェンドたち」といかに関係性を築いたのだろうか。

「レジェンドたちと交渉する際に、何か特別なアプローチをしたわけではないんです。ただ、真摯に『日本の子供たちのために力を貸してほしい』ということはお願いしました」

この記事の続きを読む

1