レアルが勝ちバルサが敗れたのは なぜか。CL準々決勝の明暗

 レアル・マドリード対バイエルンは、4月18日、19日に行なわれたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝4試合の中で最も競った一戦だった。 昨季のCL覇者で、UEFAチームランキングで現在首位をいくR・マドリード。対するバイエルンは同ランキング2位。この両チームに同ランキング3位のバルセロナを加えた3強時代にある欧州サッカー界にあって、その1位対2位の直接対決は、準々決勝で見るには早すぎる一戦だった。 ベスト4に過去3シーズン連続して駒を進めているバイエルン。だが、準決勝で敗れた相手はいずれもスペイン勢だ。2013〜2014がR・マドリード(通算0−5)、2014〜2015はバルセロナ(通算3−5)、2015〜2016はアトレティコ・マドリード(通算2−2、アウェーゴール差)だった。 スペインの両雄とは互角、アトレティコには有利の下馬評だったにもかかわらず、バイエルンは3連敗。実力は満たしているのに勝てない状態が続いていた。今季はどうなのか。 過去3シーズンの敗因をひと言でいえば、対応力不足。バイエルンに即対応できたスペインの3チームに対し、バイエルンは対応できなかった。強者との戦闘に求められる心構えができておらず、面食らい、慌てた。

この記事の続きを読む

1