「えっ、えっ、えっ、え〜」で最高得点。三原舞依が見せたシンデレラ魂

 平昌五輪プレシーズンを締めくくる世界国別対抗戦のチーム戦で、日本は3大会ぶり2度目の優勝を果たした。上位争いは最終種目の女子フリーの結果で左右される僅差の戦いだったが、日本の若手2人が初出場ながらも「今季最高の演技」を披露して、チームの勝利に貢献する活躍を見せた。

 女子フリーの後半グループ6人は、全員がシーズンベストをたたき出すほどのハイレベルな戦いとなり、ほとんどの選手がミスのない演技だった。

 そんな中で、後半の2番目に滑った樋口新葉は、世界選手権での悔しさを晴らすように、本来のスピードある滑りから次々とジャンプを成功させてノーミスの演技を見せ、フリー日本歴代最高の145.30点をマーク。その流れと勢いに続いた三原舞依が完璧な『シンデレラ』を演じきり、樋口が出したばかり得点をさらに上回る146.17点を叩き出した。世界でも歴代4位という高得点だ。

 結局、この2人が女子フリーでは2位と3位になり、猛追してきたロシアを振り切った。またこの女子フリーでは、世界女王のエフゲニア・メドベデワ(ロシア)が女子初となる驚異の160.46点を出し、自身が持つフリーの世界歴代最高得点を更新して1位となった。

この記事の続きを読む

1