J3転落で地獄を見た大分トリニータが、V字回復に向かっている理由

 昨季J3を制し、今季からJ2に昇格してきた大分トリニータが好調だ。

 4月22日に行なわれたJ2第9節。湘南ベルマーレとのアウェーゲームで1−0と勝利した大分は、成績を5勝3敗1分けの勝ち点16に伸ばした。順位では6位にとどまるものの、勝ち点では首位の東京ヴェルディ(勝ち点18)とわずかに2差。堂々と首位争いに加わっている。

「湘南を相手に勝ち点3を取れてよかった。(昨季まで)J1の経験があり、アグレッシブな湘南を相手に、選手は自分たちらしいサッカーができるようにトライしてくれた」

 そう語り、敵地で湘南を退けた選手たちを称えるのは、J3だった昨季から大分の指揮を執る片野坂知宏監督である。

 対戦相手の湘南は、前節終了時点で首位の名古屋グランパスと勝ち点では並び、得失点差3の僅差で2位につけていた。開幕前からJ1昇格候補に推す声も多い難敵であり、それだけに大分にとっては試金石ともなる試合だった。

 そんな意味のある試合で勝ち点3を獲得。片野坂監督は「過信せず、これからも勝ち点を積み上げられるようにやっていきたい」と謙虚に語ったが、昇格1年目のJ2を戦い抜くために必要な、大きな自信を得た試合となったのではないだろうか。

この記事の続きを読む

1