シャラポワの特例復帰に批判の嵐。「ロッカールームで孤立するだろう」

 テニスへの情熱は、15ヵ月の歳月を経てもすり減るどころか、むしろ一層の熱を帯び、"戒め"が解けるその時、彼女は1日たりとも無駄にせずコートへと帰ってくる。

 マリア・シャラポワ(ロシア)――。

 女子テニス界の代名詞とも言えるこの希代のスタープレーヤーに、昨年3月、禁止薬物メルドニウム使用による出場停止処分が下された。当初の停止期間は2年。だが、メルドニウムが2016年から新たに禁止薬物リストに加わったこと、そして医療目的で約10年にわたって同薬を使用し続けてきたことなどを理由に、シャラポワは処分の軽減を求めてスポーツ仲裁裁判所に上訴した。結果、期間は15ヵ月にまで軽減され、テニス界の元女王は来たる4月26日から、晴れて公式戦へと戻れることになったのだ。

 ただ、この復帰のタイミングが、テニス界に波紋を広げている。

 シャラポワの復帰戦となるのは、4月24日にドイツ・シュツットガルトで開幕するポルシェ・テニスグランプリ。現在のシャラポワはランキングが消失しているため、主催者推薦枠(ワイルドカード)を得ての出場だ。同大会の冠スポンサーであるポルシェは、シャラポワの個人スポンサーでもある。話題性豊富なスター選手にいわば"招待状"を送るのは、ビジネス的側面を考慮しても妥当な判断ではあるだろう。

この記事の続きを読む

1