高機能が売りのランニングシューズは、どのようにつくられているのか

 日本のランニングブームはとどまるところを知らず、ますます愛好者が増えている。アスリート志向の人だけでなく、健康のために走り始めた人も、距離を延ばし、市民レースに出るうちにだんだん目標が高くなり、シューズに求める機能や期待も高くなっていく。

 では、ランナーが履くランニングシューズは、いったいどのようにして開発されるのか。米国発祥のメーカーでありながら、日本のスタッフ主導で開発されたランニングシューズ『HANZO』を例にとって、その開発プロセスを追ってみた。

*  *  *

「日本人の足は"都市伝説的"に『甲高幅広』と言われ続けてきましたが、果たしてそれは本当なのか? まずはその検証から始めました」

 そう話すのは、ニューバランスジャパン商品企画GBUプロダクト部ランニングチームマネージャーの武田信夫氏だ。都市伝説に惑わされず、本当の日本人の足を知るために、米国ボストンにあるニューバランス・スポーツ・リサーチラボのスタッフが精密な測定機材を携えて来日し、数多くの日本人エリートランナーの足型・走り方を徹底的に調べ上げた。

この記事の続きを読む

1