クールな中嶋一貴が大喜び。1年半ぶりにスーパーフォーミュラを制す

 2017年の全日本スーパーフォーミュラ選手権が4月22日〜23日に鈴鹿サーキットで開幕した。今年も激戦が予想された開幕戦で、レースを制したのは中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM'S)。同カテゴリーでは2015年の第5戦・オートポリス大会以来、実に約1年半ぶりの国内での勝利となった。

 レース後、パルクフェルメ(車両保管所)でマシンを降りた中嶋は、いつも以上に拳に力が入ったガッツポーズを披露。また、胸をなでおろすような仕草も見せ、大きなプレッシャーから解放されたかのような喜びをにじませていた。

 先週に行なわれたWEC(世界耐久選手権)第1戦・シルバーストーンを勝利したばかりの中嶋にとっては、2週連続での優勝と幸先のいいシーズンスタートとなった。だがそれだけではなく、今回の1勝は先週の勝利とはひと味違う"大きな意味"もあったようだ。

 国内トップフォーミュラで2012年と2014年にチャンピオンを獲得した中嶋は、その他のシーズンでもほぼ毎年チャンピオン争いに関わり、最低でもシーズン1勝は挙げる活躍を見せていた。ところが、昨年はオフィシャルタイヤサプライヤーがブリヂストンからヨコハマタイヤに変わったこともあり、シーズン序盤から大苦戦。予選では開幕2戦続けて、トップ8で争われるQ3ラウンド進出を逃してしまった。

この記事の続きを読む

1