天皇賞・春の「2強」論争に異議あり!割って入るのはシャケトラだ

 伝統の長距離GI天皇賞・春(4月30日/京都・芝3200m)は、昨年の勝ち馬で、今年初戦のGI大阪杯(4月2日/阪神・芝2000m)を勝ってGI4勝目を挙げたキタサンブラック(牡5歳/父ブラックタイド・清水久嗣厩舎)と、菊花賞(京都・芝3000m)、有馬記念(中山・芝2500m)とGIを連勝中のサトノダイヤモンド(牡4歳/父ディープインパクト・池江泰寿厩舎)の2強の様相を呈している。キタサンブラックは強力な先行力を武器に今や目を見張る充実ぶりを見せており、昨年の秋以降で敗れたのは年末の有馬記念のみ。その有馬記念で死力を尽くした攻防の末、勝利を挙げたのがサトノダイヤモンドなのだから、この2頭に人気が集中するのも無理はない話だ。

 しかし、「両雄並び立たず」は、競馬の鉄則である。さらに、近年の天皇賞・春は波乱の傾向が強い。過去20年で17頭を超える出走頭数となったのは13回。そのうち、1番人気が勝ったのは06年のディープインパクトのみで、それ以外の12回は連対すらできていないのだ。実力馬が実力を発揮しやすい長距離戦のはずだが、頭数が多くなると紛れも多くなるようだ。

この記事の続きを読む

1