「ムネリ〜ン」の声が飛ぶ雁ノ巣で、川?宗則が明かす一軍昇格への思い

 4月23日、福岡・雁ノ巣(がんのす)球場。かつてのホークス二軍のホームグラウンドは、久しぶりの賑わいを見せていた。昨年、新球場であるタマスタ筑後に居を移したホークスのファームだが、その原点を忘れないために年に一度、この地に戻ってくる。

 このホームカミングデーに、一軍の試合そっちのけで集まったファンは実に2166人。試合開始直前に追加販売したチケットもほどなくソールドアウトとなった。ファンのお目当てが、6年ぶりにホークスに復帰した川?宗則であることは、各々の選手が守備位置に散らばるときにわかった。

 レフトのポジションに走る川?に、無数の「ムネリ〜ン」の掛け声が飛ぶ。シアトルで、トロントで、そしてシカゴで、誰よりもファンに愛された男は、古巣・ホークスでも絶大な人気を誇っていた。

 ホークスの主力選手としての地位を捨て、海を渡ったのが5年前。毎年、マイナー契約からシーズンをスタートし、バックアップ要員としてようやくメジャーに昇格するという"エレベーター生活"を続けることに疑問を投げかける声もあったが、川?がそれに耳を貸すことはなかった。大好きな野球を、自分がいちばん楽しめる場所ですることに何の疑問も抱かなかったのだろう。

 今シーズンも招待選手としての参加となったメジャーキャンプだったが、オープン戦で打率.282の成績を残しながら、開幕直前に解雇を言い渡された。再契約の道もあるなかで、ホークス復帰を選んだのは、自分を必要としてくれて、なによりそこでプレーすることをいちばん楽しめると思ったからに違いない。

この記事の続きを読む

1