インディ第3戦にアロンソ出現。ホンダとペンスキーの激闘を高みの見物

 開幕から2戦はストリートコースが続いたインディカーシリーズ。アラバマでの第3戦は常設ロードコース、いわゆる普通のサーキットでの戦いとなった。

 ストリートではホンダが優勢だったが、高速で路面がスムーズなロードコースではシボレー勢のチーム・ペンスキーのドライバーたちが速かった。ペンスキー勢4人のうち3人が予選ファイナル(上位6人)に進出。ホンダ勢も3人がファイナルに駒を進めたが、結果はシボレー軍団=チーム・ペンスキーのドライバーがポールポジションからのトップ3を独占した(ポールはウィル・パワー)。決勝でもチーム・ペンスキーのジョセフ・ニューガーデンが優勝。2位にホンダ陣営のスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング・チームズ)が入ったものの、3位シモン・パジェノー、4位エリオ・カストロネベスと、チーム・ペンスキーが続いた。

 今年のシボレーは供給体制を縮小している。インディカー、ストックカー、スポーツカー(キャディラック・ブランドでの参戦)、GT......と大々的にモータースポーツ活動を繰り広げ、ほとんどのカテゴリーで活躍しているゼネラル・モーターズだが、インディカーでは有力ユーザーのひとつであるチップ・ガナッシ・レーシング・チームズがホンダに変更。KVSHレーシングの活動休止もあって、ユーザーが一気に8台にまで減った。

この記事の続きを読む

1