天皇賞・春に2強決着なし。歴史が「この3頭を狙え!」と言っている

 昨年のGI有馬記念(2016年12月25日/中山・芝2500m)で死闘を繰り広げた(※)サトノダイヤモンド(牡4歳)とキタサンブラック(牡5歳)。2頭の"再戦"となるGI天皇賞・春(4月30日/京都・芝3200m)は、他馬が付け入る隙がないほどの一騎打ちムードにある。まさしく「2強対決」と呼ぶにふさわしい状況だ。
※昨年の有馬記念では、サトノダイヤモンドが先に抜け出したキタサンブラックをゴール前で捉えてクビ差で勝利した。

 2頭とも菊花賞馬であり、距離や折り合い、戦法やコースに不安はない。キタサンブラックは昨年の覇者でもあり、休み明けで挑んだ前走のGI大阪杯(4月2日/阪神・芝2000m)も難なく勝利している。サトノダイヤモンドも休み明けで前哨戦となるGII阪神大賞典(3月19日/阪神・芝3000m)を快勝。それぞれ、崩れるケースを想像するのは難しい。

 だが、このレースの歴史を振り返ってみると、「2強」を絶対視することはできなくなる。

 まず、同レースにおいて1、2番人気の2頭で決着したのは、2006年(1着ディープインパクト、2着リンカーン)まで遡(さかのぼ)らなければならない。そもそも1番人気自体、この年以降は勝っておらず、過去10年では2008年にアサクサキングスが3着に入ったのみ。"本命馬"にとっては、極めて鬼門と言えるGIだ。

 さらに、天皇賞・春においては「2強」で決着することは少ない。戦前に「2強対決」と言われたレースでは、おおよそ2頭のどちらかが馬群に沈んできた。

この記事の続きを読む

1