レイソル大谷秀和が語るボランチ論。「ポスト長谷部」に必要な資質は?

 ロシアW杯アジア最終予選、UAE、タイ戦。MF長谷部誠の故障離脱によって、ハリルジャパンは誰をボランチに起用するかが争点になった。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はインサイドハーフやコンバートで対処を試みたが、「正解」は出ていない。

 そもそも、ボランチとはいかなるポジションなのか?

 ボランチはポルトガル語で舵やハンドルを意味する。船体や車体を操縦。すなわち、ピッチにおいては中央に陣取り、チームを回す役割だ。

「ダイレクトを使えるか、だと思います」

 柏レイソルの主将である大谷秀和は、「ボランチの資質」について語っている。

「ダイレクトで(ボールを)弾けるということは、周りが見えていないといけないし、そのスキルもないといけない。視野を確保し、身体の体勢を作っておく必要もあります。予測し、準備することが欠かせないですね」

 大谷は柏のボランチとして、国内の主要タイトルをすべて手にしてきた。Jリーグ、天皇杯、ナビスコカップ(現行のルヴァンカップ)、ゼロックス・スーパーカップ。アジアチャンピオンズリーグでも3回、決勝トーナメントに進出している。2011年にはクラブW杯準決勝に進み、南米代表のサントスと熱闘を演じた。

この記事の続きを読む

1