【月報・青学陸上部】ポテチ好きの小野田勇次が箱根4連覇のカギ握る

◆極私的! 月報・青学陸上部 第33回

 4月22日、日体大長距離記録会――。

 1500mのスタートリストを見て、「あれっ」と思った。

 このレースは例年、1、2年生が主に走っているのだが、リストの中に4年の下田裕太と3年の小野田勇次の名前があったのだ。

 副キャプテンの下田と箱根6区の山下りのスペシャリストである小野田は1500mを走るタイプではないし、通常ならこの時期は5000mか10000mにエントリーしているはずだ。実際、小野田は昨年、10000mを走っていた。

 今回も10000mにはキャプテンの吉永竜聖(4年)や箱根3区を走った森田歩希(3年)、好調を維持している橋詰大慧(3年)ら主力選手がエントリーしていた。経験も実績もある2人が10000mではなく、1500mを走るということは、もちろん何か意図があるのだろうが、ちょっと意外な感じがした。
 12時15分、男子1500mの14組がスタートラインに並んだ。青学のユニフォームが青や緑からイエローに近い橙(だいだい)色に変わっている。

「見て、わかりやすくしたんです」

 安藤弘敏コーチが言う。

この記事の続きを読む

1