NBA「パウvs.マーク」のガソル兄弟対決。胸に去来する複雑な想い

 それは、一瞬、子どものころに戻ったかのようだった――。

 インサイドに攻め込んできた弟マーク・ガソルを、兄パウ・ガソルが迎え撃つ。パウの身体にぶつかったマークは、バランスを崩して床に倒れた。別のときには、パウのシュートを一度はマークがブロックで叩き返したが、そのボールをふたたび手にしたパウは、ドリブルからスピンムーブでマークをかわしてフックシュートを沈めた。

 子どものころ、ふたりはよく、バルセロナ郊外にある祖母の家の裏庭で1対1の勝負をしていた。子どものころの4歳半の違いは大きい。今でこそほとんど同じ体格のふたりだが、子どものころのパウはいつもマークより身体が大きく、裏庭の勝負でもいつも勝っていた。

 8年半前にマークがNBA入りして、NBAで初めて対戦することになったとき、パウは「これまでの人生でマークが僕に勝ったのは、1度ぐらいじゃないかな」と、冗談混じりに笑っていた。

 かつて、21歳でパウがNBAにドラフトされてメンフィス・グリズリーズに入ったとき、ガソル一家は彼をサポートするために揃ってメンフィス郊外に引っ越してきた。当時、まだ高校生だったマークは地元の高校に入り、バスケットボールチームにも所属。アメリカの食生活で体重を増やし、身体こそ大きくなっていたが、まだ兄には勝てなかった。

この記事の続きを読む

1