原口元気が刺激。レッズ関根貴大の1人2役プレーに「オォー」と唸る

シーズン序盤で見つけた「オッ」と思った選手(4)
◆MF関根貴大(浦和レッズ)

「オッ」というよりも「オォー」という感じだろうか。驚くというより唸らされる感じ。浦和レッズのMF関根貴大(たかひろ)のことだ。

 選手層の厚い浦和でルーキーイヤーの2014年から主力を張っているから、多少の活躍に驚きはない。ボールを持てば、ためらいなく勝負を挑み、コース自在の軽やかなドリブルは今シーズンも変わらず、浦和の武器になっている。

 ゴールを奪ったAFCチャンピオンズリーグ(ACL)5節のウェスタン・シドニー(オーストラリア)戦で披露したように、従来の右サイドだけでなく、左サイドでも躍動感あふれるプレーを見せているが、昨シーズンも左サイドでプレーする機会があったから、そこにも「新発見」のニュアンスはない。

 今シーズンの関根のプレーに思わず「オォー」と感嘆してしまうのは、ゴール前に顔を出す回数が圧倒的に増えていることだ。

 ACLを含む公式戦11試合に出場して、3ゴール6アシスト。しかもこれを、FWでも、攻撃的MFでも、サイドハーフでもなく、守備での負担のあるウイングバックとしてマークしているのだから、称賛に値するだろう。

この記事の続きを読む

1