稲本、長谷部に続けるか。FC東京・橋本拳人が目指す世界のボランチ

 今年3月のW杯予選では、「ポスト長谷部誠」がひとつの論点になっている。日本代表は長谷部抜きでUAE、タイに勝利を収めたものの、中盤の機能低下は著しかった。単純な代役探しではなく、システム変更するにしても、あらためて「ボランチ」というポジションについて考えるときだろう。

「チームを動かして、確実に自分の仕事をして、チームを勝たせる。そういうボランチでありたいと思っています」

 そう語る橋本拳人(23歳)は今シーズン、FC東京のボランチとして定位置を手にしている。リオ五輪代表候補として注目され、現在はロシアW杯アジア最終予選の代表登録メンバーの1人。次世代の代表を担う、有力なボランチ候補だろう。

 もっとも、ボランチとしての経歴は浅い。

 橋本はユース時代まで、ゴールに近い位置でプレーしてきた。ボランチにコンバートされたのは高2のときだった。そしてプロに入ってからも、センターバック、右サイドハーフ、右インサイドハーフ、右サイドバック、左FW、左ウィングバックと目まぐるしくポジションを換えている。

この記事の続きを読む

1