不屈の男・マギーが巨人で味わう「腹の中を蝶が飛び回るような緊張感」

 キャリアアップとダウンを繰り返し、ジェットコースターよりも激しい野球人生を送ってきたケーシー・マギー。彼の"打たれ強さ"は、野球界でナンバーワンかもしれない。

 2003年のドラフトで、シカゴ・カブスに10巡目(全体283位)で指名されプロ入りを果たしたマギーだが、待っていたのは長いマイナー暮らしだった。ようやくメジャー昇格を果たしたのは2008年。しかし喜びもつかの間、メジャー昇格から57日後にウェーバーにかけられてしまう。

 カブスからウェーバーにかけられミルウォーキー・ブルワーズに入団した1年目、マギーは実力を発揮した。116試合に出場し打率.301、16本塁打、66打点の好成績を残し、27年ぶりのプレーオフ出場に貢献。新人王争いで5位に食い込む活躍を見せた。

 2012年からはピッツバーグ・パイレーツでプレーすることになるのだが、この年は大スランプに陥ってしまい、シーズン途中にニューヨーク・ヤンキースにトレード。結局、ヤンキースでも大きな活躍を見せることができず、解雇されてしまう。

 失意のなか、マギーは日本でのプレーを決意し楽天に入団。すると、ここでも見事な活躍を見せたのだった。不動の5番打者として全144試合に出場し、打率.292、28本塁打、93打点を叩き出し、チーム初の優勝に貢献。日本シリーズでも巨人を下し、日本一も経験した。チームにとっても、マギーにとっても忘れられない1年となった。

この記事の続きを読む

1