NBA東の因縁対決は「バケモノ」と「ゴートゥガイ」が敵エースを潰す

◆NBAプレーオフ2017 カンファレンス・セミファイナル展望@イースタン編

 今季イースタンのNBAプレーオフ・ファーストラウンドは、危うい場面がありながらも上位シード4チームがカンファレンス・セミファイナルに進出した。次なる舞台――カンファレン・ファイナル出場をかけて、さらなる激戦は必至。勝ち名乗りを挙げる2チームは果たして?
●ボストン・セルティックス(1位/53勝29敗)
vs.
●ワシントン・ウィザーズ(4位/49勝33敗)

 両チームのレギュラーシーズンでの対戦成績は2勝2敗の五分。ファーストラウンドはどちらも4勝2敗で勝ち抜き、疲労度も同程度だろう。どちらが勝ち抜いてもおかしくはないカードだ。レギュラーシーズン中からの何かと因縁のある両者だけに、白熱したシリーズになることは間違いない。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 昨年11月の対戦ではワシントン・ウィザーズのエース、ジョン・ウォール(PG)がボストン・セルティックスのマーカス・スマート(PG)を覆いかぶさるように倒し、フレグラントファウル2(※)をコールされて退場処分を受けた。さらに、今年1月の対戦でも試合後に一触即発のシーンがあり、セルティックスのジェイ・クラウダー(SF)に2万5000ドル(約278万円)、ウォールに1万5000ドル(約167万円)の罰金処分が下されている。

※フレグラントファウル=身体接触が激しく危険と審判が判断した場合に宣告されるファウル。危険度に応じてレベル1、レベル2に分けられる。レベル2は一発退場で、出場停止処分が加わる場合も。

この記事の続きを読む

1