下部ツアーにも出られない。どん底にいる堀奈津佳は今、何を思うのか

 堀奈津佳(24歳)の名前をスコアボードで確認したのは、いつ以来だろうか――。

 3月のアクサレディス in MIYAZAKIの初日、2013年の大会覇者である堀は「71」でラウンド。1アンダー、29位タイという位置に、彼女の名前を見つけることができた。翌日、「80」を叩いて予選落ちすることになるが、彼女がアンダーパーでラウンドしたのは、2015年のNOBUTA GROUP マスターズGCレディース2日目以来のことだった。

 その後、堀は主催者推薦で4月のスタジオアリス女子オープンに出場。その際、アクサレディス初日のことについて聞くと、こんな答えが返ってきた。

「あの日(のプレー)はまだよかったのかなと思います。まだまだ感覚的には日替わりで、よくなったり、悪くなったり......。それは、練習でも一緒です。でも、その(プレーの善し悪しの)幅が少しずつ減ってきているのは実感しています。すごく調子がいいとまではいかないですが、少しずつ結果につながったり、いい感覚でプレーできたりするときもあるので、自分の中の『まだまだ(やるぞ)!』っていう気持ちを消さないようにしていきたい。

 自分の理想にはまだほど遠いのですが、そこばっかりを追いかけてしまって、少しよくなった感覚まで消してしまってはいけないな、と思っています。とにかく、積み重ね、ですね」

この記事の続きを読む

1