福井烈から錦織圭へ。「全仏は、ピーキングができれば優勝できる」

 錦織圭(ATPランキング7位、4月24日付け)は、4月24日に開幕したATPバルセロナ大会からヨーロッパのクレーシーズンをスタートさせる予定だった。しかし、マスターズ1000(以下MS)マイアミ大会で発症した右手首痛が再発したため、現地入りしながらも大会出場を見送り、こう語った。

「バルセロナオープンを欠場しなければならなくなり、本当に残念です。バルセロナは自分のお気に入りの大会であり、ここ3年間、とくにいい思い出があります。不幸なことに自分の手首は今週プレーするに十分なほど回復しませんでした。チームとともに、できるだけ早くツアーに戻れるよう努力するつもりです」

 錦織は昨年、バルセロナ大会で準優勝、MSマドリード大会とMSローマ大会ではともにベスト4に進出と、クレーシーズンに好成績を収めた。結果、今回ランキングポイントのディフェンドが多く、バルセロナの300点、マドリードとローマを併せた720点、合計1020点を守らなければ、ランキングをキープできないのだが、いきなりつまずく形となった。

この記事の続きを読む

1