バルセロナOPで快進撃。杉田祐一は錦織圭も認める「スキのない男」

 2014年ウインブルドン本戦の1回戦後......。杉田祐一の会見室には、敗戦にもかかわらず地元イギリスの記者たちの姿が見られた。

 この年のウインブルドンで、杉田は18度目のグランドスラム挑戦にして初めて予選3試合を勝ち抜き、本戦出場を果たす。その足掛け5年におよぶチャレンジの足跡が、英国記者たちの関心を呼んだ。彼の名は地元メディアにも度々登場し、なかには杉田の戦いを10世紀末から11世紀にかけてイスラム王朝を築いた君主になぞらえて、「北西インドとの国境に17度も進攻を繰り返したマフムード王の不屈の意思は、現代の杉田のなかに息づいている」とつづるものまであったほど。

 17度の失意を乗り越え、ついに夢舞台の扉を開いた25歳は、"苦労人"として世界にその名を知られることとなった。

 それから3年後――。杉田は「驚異のラッキールーザー」として、自らの名を世界へと知らしめる。バロセロナオープン予選に出場していた杉田は、予選決勝で敗れるも、錦織圭の欠場により本戦へと繰り上がる。その吉報を受けとったとき、杉田は今しも空港に向かうところだったという。

 期せずして手にしたこの僥倖(ぎょうこう)を、彼は単なるラッキーでは終わらせない。初戦で地元スペインの人気選手トミー・ロブレドを破ると、2回戦ではトップ10の常連であるリシャール・ガスケ(フランス)をフルセットの死闘の末に撃破。3回戦ではクレー巧者で大会第7シードのパブロ・カレーニョ・ブスタ(スペイン)をもストレートで退ける。

この記事の続きを読む

1