ユベントスとレアル。CL準決勝第1戦の勝因はサイドバックにあり

 チャンピオンズリーグ(CL)準決勝、アウェーでの第1戦を2−0で制し、決勝進出の可能性が増したユベントス。だが、内容そのものは競っていた。モナコに対して2−0というスコアは、考えられる限りにおいて最良の結果と言っていい。

 まさに抜け目のない、ユーベの勝利に大きく貢献した選手が2人いた。元レアル・マドリードのストライカーと元バルセロナの右サイドバック。2ゴールを奪ったのはゴンサロ・イグアインで、彼にラストパスを送球したのは、いずれもダニ・アウベスだった。

 とりわけ開始早々から、ユーベに勢いをもたらす"はじけっぷり"を見せたのは後者だ。この選手を抑えないとやられそうだと思っていたら案の定、そのような結果になった。

 モナコのホーム「ルイ2世スタジアム」とD・アウベス。両者の関係で想起するのは、2006〜07シーズンの初頭にこのスタジアムで行なわれたUEFAスーパーカップだ。バルサ(2005〜06のCL覇者)がセビージャ(同UEFA杯の覇者)に0−3で敗れた一戦である。

 その試合でマン・オブ・ザ・マッチに輝いたのが、セビージャの右サイドバック、D・アウベスだった。

この記事の続きを読む

1