NHKマイルCは有力牝馬4頭に好材料。 今度こそ、牡馬を蹴散らすか

 今週末7日には東京競馬場にて、3歳馬のマイル王決定戦となるGI NHKマイルカップ(芝1600m)が行なわれる。このレースは通算22回目と、JRAのGIの中では歴史が浅い。かつては外国産馬がGI日本ダービーなどクラシックレースに出走できず、3歳春に出走できるGIがなかったことなどから創設されたレースであり、第1回(1996年)のタイキフォーチュンから6年は外国産馬が優勝している。その後はサンデーサイレンス系の発展など内国産馬の地力強化により、昨年まで15年連続で内国産馬が優勝しており、外国産馬の連対はわずか2頭となっている。

 また、GI桜花賞出走組がGIオークスでなく、ここに出走してくるケースも多い。牡馬クラシックのGI皐月賞(中山・芝2000m)→GI日本ダービー(東京・芝2400m)の400m差に比べ、牝馬の桜花賞(阪神・芝1600m)→オークス(東京・芝2400m)は距離延長が800mと大きいため、混合戦で相手強化となるものの、距離延長に不安のある馬たちがここに矛先を向けてくるケースもあるからだ。昨年も4頭の牝馬が出走していた。

 過去21回の歴史の中で、牝馬は計38頭が出走し、4勝、2着2回、3着4回という成績が残っている。決して高い数字ではなく"牝馬だから買い"というわけではないが、今年は例年以上に3歳牝馬のレベルが高いと見られており、牡馬勢は皐月賞の上位組も出走しておらず、チャンスは小さくないだろう。

この記事の続きを読む

1