男子バレーのエース柳田将洋vs石川祐希、2人の直接対決で起きたこと

 第66回黒鷲旗(くろわしき)全日本男女選抜バレーボール大会は、5月3日にグループ予選2日目が行なわれ、男子は柳田将洋が所属するサントリーサンバーズと石川祐希を擁する中央大学が対戦した。

 この2チームは近年、黒鷲旗大会や天皇杯などで戦っており、2015年の天皇杯では中大がサントリーを破るジャイアントキリングを果たした。サントリーはその敗戦後にVリーグでも調子を落とし、入れ替え戦に回った苦い記憶がある。

 共に全日本のエースでもある石川、柳田はそれぞれ単独でも人気があるだけに、直接対決となると、より一層の注目カードになる。両チームの因縁も相まって、この日の試合も指定席は完売。スタンド自由席も立錐(りっすい)の余地もなく、通路から立ち見をする人もいたほどだった。

 熱気渦巻く中で始まった試合は1セット目、柳田の好サーブでサントリーが序盤をリードする。しかし中盤からは中大が巻き返して最後はデュースにもつれ込み、26−24で中大が先取した。

「2年前の再現なるか?」と観客が息を呑むなか、2セット目はこの大会で勇退する北京五輪代表の山村宏太の活躍もあって、サントリーが主導権を奪ってセットを取り返した。追いつかれた中大は3セット目から石川にボールを集めるも、柳田が石川からサービスエースをあげるなど勢いを遮断。サントリーがそのまま4セットまで連取して試合を決めた。

この記事の続きを読む

1