平昌五輪出場ならず。ミックスダブルスカーリングの今後はどうなる?

 2018年の平昌五輪から正式種目となるカーリングのミックスダブルス。平昌五輪のトライアルを兼ねた世界選手権(4月22日〜29日)がカナダ・アルバータ州レスブリッジで開催され、3月の日本選手権を制した阿部晋也&小笠原歩ペアが日本代表として出場した。

 結成して、わずか2カ月というペア。慣れないアイス、まだ見ぬ世界のミックス専門ペアの戦い方に戸惑いはあったものの、阿部が「強化に割いた時間は短いけれど、やれるだけのことはやった」と語ったように、パートナーの小笠原と密にコミュニケーションを取りながら、大会ではキーショットを我慢強く決めていった。

 そして、8チームによる総当たりの予選リーグ、3勝3敗で迎えた最終戦のフィンランド戦に勝てば、タイブレイクに進める状況となった。しかし、フィンランドの勇気と幸運なフィニッシュにも泣かされて、日本は4−6で敗れて予選敗退。同時に平昌五輪への道も途絶えた。

 大会後、小笠原は「(ミックスカーリングを)やってみて、どのチームも強かったし、ゲーム性の高い魅力的な競技だということを再認識しました。世界戦のアイスに立てて楽しかったです」と、今回新たな経験ができたことに改めて感謝の意を口にした。一方で、今後もミックスダブルスの舞台でプレーするかどうか聞かれると、「私には愛するチームの仲間がいるから」と、来季からは再び所属の北海道銀行フォルティウスでのプレーに専念することを示唆した。

この記事の続きを読む

1