リオ五輪リレー銀メダル4人の今季スタート。最初の記録更新は誰か?

 今季の桐生祥秀は、合宿先のオーストラリアで3月11日のサマー・オブ・アスレティックスGPに出場し、決勝は10秒19だったものの、第1レースでは10秒04を出している。

 その後、国内初戦だった出雲陸上決勝でも向かい風0.5mで10秒08と2戦続けて10秒0台を連発。待望の9秒台への期待が高まった。

 そして迎えた4月29日、織田記念の決勝は、またしても向かい風0.3mの中のレース。桐生は中盤から抜け出して2位以下を突き放す強い勝ち方をしたものの、記録は10秒04止まりで期待の9秒台には届かなかった。

「また0秒台が出たけれど、走り終わった瞬間には『出なかったな』と思いました。今日はいつもと違ってタイムを狙っていたので悔しいという思いが強かったですね。3試合連続で10秒0台は出しましたが、もう世界選手権の参加標準記録は破っているので0台を何度出しても同じなので......。だから9秒台を出したい、それを出しても終わりじゃないし、そこでやっと世界と戦う位置につけたことになると思っているので。その点では今のところはまだその位置につけていないなと思います」

この記事の続きを読む

1