トップ公式戦初出場の久保建英に見る、 メッシのデビュー戦との共通点

 2017年5月3日、味の素スタジアム。ハーフタイム、少年はピッチに入ろうとすると、チームメイトから呼び止められた。納得した顔で、彼はタッチラインの外に出る。そこで何基ものスプリンクラーが飛び出し、一斉に放水が始まった。少年はその飛沫を眺めながら、2リットルのペットボトルを両手で持ち、水を飲み下した。渇きを癒してから、足もとのボールを愛おしそうに転がし、放水が終わるのを待った。

 彼が試合のピッチに立つのは、後半66分のことだ。

 久保建英(FC東京)はルヴァンカップ、コンサドーレ札幌戦でJ1トップチームデビューを飾っている。

 15歳の少年がトッププロのピッチに立つ。そこに沸き立つのは底知れぬ期待感だが、わずかながら意地悪な勘ぐりも混ざる。

 少年はホンモノなのか?

 それを見極めたくて、たとえ見極めきれなくても姿を目にしたくて、2万人近い観客が集まった。同日に開催されたルヴァンカップの試合では最多だ。

「久保建英」

 交代出場でその名前がコールされると、ひと際、歓声が大きくなった。

この記事の続きを読む

1