谷原秀人効果か? マスターズとは一変、松山英樹がノビノビしていた

WEEKLY TOUR REPORT
■米ツアー・トピックス

 今季メジャー初戦のマスターズを終えた松山英樹(25歳)が、2週間のオフを経て復帰戦に選んだのは、2人1組で戦うチーム戦のチューリッヒ・クラシック(4月27日〜30日/ルイジアナ州)だった。

 ペアを組んだのは、東北福祉大の先輩・谷原秀人(38歳)。松山が慕う数少ないプロ仲間のひとりだ。

 松山&谷原ペアの結果は、32位タイ。最終日は6時間以上も中断する悪天候に見舞われて長い戦いとなったが、松山の表情は終始穏やかだった。4日間を通しても、どこかノビノビとした感じで、うまく肩の力を抜いてプレーしているように見えた。

 それは、チーム戦というフォーマットがそうさせたのか、ペアを組んだ谷原の存在が大きかったのか、あるいは、ずっと優勝を目指して神経を尖らせてきたマスターズでの戦いを終えて、緊張から解放されたからなのか――とにかく、いい意味でリラックスしているように感じられた。

 マスターズは、11位だった。最終日に追い上げた松山にとっては、悔しい結果でしかなかったはずだ。最大目標とする"マスターズで勝つ"ためには、また1年も待たなければならず、その間、再び奮闘していかなければいけないのだから、ここから新たな長い戦いが始まっていくようなものだろう。

この記事の続きを読む

1