あっさりボールを奪われる清武弘嗣。5年前の姿、まだここにあらず

 まだまだ本調子にはほど遠い──。そんなMF清武弘嗣のパフォーマンスだった。

 5月6日に行なわれたJ1リーグ第10節の柏レイソルvs.セレッソ大阪。リーグ戦7試合負けなし、ルヴァンカップも含めれば公式戦11試合負けなし。意気揚々と柏のホーム日立台に乗り込んだC大阪だったが、リーグ戦3連勝中と勢いでさらに上をいく柏に0−1と惜敗。失点は不運極まりないものだったが(DF丸橋祐介のクリアボールがFWクリスティアーノに当たってそのままゴールイン)、柏のハイプレスに苦しみ、最後まで後手を踏んだ印象は否めなかった。

 注目の清武は90分間フル出場。4−4−2の右MFとしてピッチに立つと、1点を追いかける終盤にはトップ下でプレー。試合終了間際にあわやというミドルを放ったものの、柏の守護神・中村航輔のスーパーセーブに阻まれてしまう。刹那(せつな)、ピンクのユニフォームを身にまとった背番号46は、悔しそうに天を仰いだ。

 大きな期待を背負いC大阪に復帰した清武だったが、ここまでは本領を発揮しているとは言いがたい。ケガで出遅れてジュビロ磐田との開幕戦を欠場し、第3節のコンサドーレ札幌戦で初出場。しかし、3月下旬に左太ももを痛めてふたたび離脱。その後、段階的に復帰していき、4月30日に行なわれた第9節の川崎フロンターレ戦でスタメンに戻ったばかりだった。

この記事の続きを読む

1