スーパーGTはレクサス連勝。名門セルモが富士を制した2つの分岐点

 5月3日〜4日に富士スピードウェイで行なわれたスーパーGT第2戦「FUJI GT500km RACE」は、レクサス勢が開幕戦と同様に強さを発揮した。ナンバー38のZENT CERUMO LC500(立川祐路/石浦宏明)が今季初優勝を果たし、2位はナンバー6のWAKO'S 4CR LC500(大嶋和也/アンドレア・カルダレッリ)、3位はナンバー37のKeePer TOM'S LC500(平川亮/ニック・キャシディ)。今回もレクサス勢が表彰台を独占した。

 しかし、ライバル陣営もそれを黙って見ていたわけではない。開幕戦は苦戦に見舞われた日産勢では、ナンバー23のMOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が予選2位・決勝4位と大躍進。一方、前回は全車にトラブルが発生して散々なレースとなってしまったホンダ勢も、その原因となった電気部品をすべて交換して臨み、第2戦ではナンバー100のRAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/伊沢拓也)が6位に食い込んだ。トップからは大きく離されたものの、レース途中にはレクサス勢と同等のペースで走るなど、決してパフォーマンス面で大きく劣っていない部分も証明してみせた。

 そういう意味でも、今回の富士スピードウェイはレース結果以上に激戦だったと言えるだろう。ただ、そのなかでも印象的だったのは、立川/石浦組が2番手以下に一時15秒もの大差をつける独走劇を演じ、最後まで危なげない走りで優勝したことだ。

この記事の続きを読む

1