1日だけ木村沙織と練習して入れ違い。黒後愛が日本の新エースへ第一歩

 ゴールデンウィークに行なわれた第66回黒鷲旗(くろわしき)全日本男女選抜バレーボール大会で、「ポスト・木村沙織」の呼び声が高い東レアローズの黒後愛(くろご あい・18歳)が公式戦デビューを果たした。チームは準決勝で敗退し3位に終わったが、大会中はすべての試合でスタメン起用。攻守にバランスのとれた活躍で、新人らしからぬ存在感を見せつけた。

 大会初日には6得点を挙げ、レセプション(サーブレシーブ)の要としてもチームの勝利に貢献。4月に入社してすぐのデビューで、しかもフル出場という大役を担ったが、「あまり緊張はしなかったです」と笑顔で振り返る。

 高校時代との違いについては、「下北沢成徳は、あえてゆっくりとした高いトスでスパイカーの能力を活かす方針なのが、東レに入ってからは速いトスも打たなければならなくなり、少し戸惑いがあった」という。

「速いトスも、嫌いでも苦手でもないんですけど、最初は『自分の打ちやすいトスを要求していい』ということが分からずに、セッターを困らせたこともありました。でも、本数を打つうちに、お互いにどんなトスがいいかが分かってきて、今は対応できていると思います」

この記事の続きを読む

1